マンションを貸したい!売るのとどっちが得か?

ローンが残ってる場合は?

マンション貸したい【東急リバブル】

転勤や結婚や離婚などがきっかけで住み替えなければいけない人、家族や親族からマンションを相続して要らなくなってしまったマンションを貸したいと思っている人は結構たくさんいます。
住まずに放っておくと劣化が進むため貸す売るの選択肢が必要になってきます。
空いてるマンションを賃貸という形で貸せば、家賃収入も得られるようになりますし魅力は感じるものですが、果たして本当にそれはうまくいくのでしょうか。
物件を持っているような時に賃貸すべきなのか売却すべきなのかどちらの方がお得なのかということについてご説明していきましょう。
まず、貸すか売るか物件の処分はどちらにした方が結果的に得になるのかです。
持っている物件を処分する時に売る場合のどちらを選んだ方が良いのでしょうか。
住宅ローンが残っているのかどうかはとても大切です。
まだ住宅ローンが残っているなら売却した方が良いです。
貸した場合月々の家賃収入はローンの返済に充てられるように見えますが、入居者がずっと住み続けるとは限りませんし、空室が続いたら入居者からの家賃未納が起こったりするうな場合は不動産収入はゼロになり、ローンの返済が大変になってしまいます。
売却してしまえばその収益でローンの返済をできます。
住宅ローンが残っているような場合は貸すよりも売ってしまった方が結果的にリスクが少ないのです。
しかしながら抵当権の兼ね合いなどといった問題点からローンの全額を自動に全て返済しなければならないなどといったときに注意が必要。
よくチェックしてみるようにする方が良いでしょう。

ローンが残ってる場合は? | 空室と劣化のリスクを忘れないで! | 立地環境や税金の勉強は必須